社労士の費用

社会保険労務士として開業していくために必要な最低限の費用

要約:社会保険労務士として登録するまでにも30万円近い資金が必要になるが、
実際に開業しようとした場合、自宅を使うにしても10万円違い費用は必要であり、
その後半年間程度は無給で過ごせるぐらいの資金は持っていなければいけない。

 

社会保険労務士というものは、開業するまでにはとてもお金がかかるものです。
そのため、社内に残り企業内社労士として活躍する方も多くいます。

 

実際に合格してから社会保険労務士会に登録するまででも、300,000円前後の費用が必要です。

 

これはあくまでも登録までの費用なのであり、開業にかかる費用は別の問題です。

 

開業ともなれば一般的には自宅を利用して事務所とします。
当然、ほかで借りれば賃貸料が発生します。

 

その代りに、社労士事務所として専用とすることは可能ですが、
そこまで利益が上がらないのであれば賃貸料だけで赤字になってしまいます。

 

自宅で開業するときには、電話とFax、パソコンとプリンターは必須になります。
この3つがなければ顧客とのコミュニケーションが付けられませんし、書類などの作成もできなくなります。

 

プリンターとFaxは兼用にすることができるものもありますし、
コピー機としても使えるものがありますので、
使用頻度などによって選択するのもいいでしょう。
そして、名刺も必要になります。

 

安く作れるところもありますので、初期投資を抑えることができます。
その後、継続していくための費用も計算しておかなければいけません。

 

3か月から半年程度は入金がなくても過ごせる程度の資金は必要です。

 

開業後すぐに利益が出ることはありません。

 

ここまで考えた場合、登録後には10万円程度の投資は最低限必要であり、
そのほかにも3か月から半年分の生活費と活動経費は最低限確保しておかなければ、
開業することさえできないといえるのです。