社労士の費用

社会保険労務士合格の後に登録にまでにかかる費用

要約:社会保険労務士は合格することが目的ではなく、
登録まで考えていく資格であるため、その費用を忘れてはいけない。
東京都などでも合格後は200,000円から300,000円必要なため、
計画的な将来設計をしていかなければいけない。

 

社会保険労務士を目指すことを考えた場合に、資格登録までの費用ということが重要なことになります。
ただ合格すればいいという性格の資格ではないため、重要な論点になってくるのです。
まず資格試験にかかる金額として、9,000円かかります。

 

長時間にわたる試験として考えれば、他の資格試験と比べても高いとは言えません。
その後、めでたく合格したとしても、労働社会保険諸法令関係事務指定講習というものがあります。

 

2年以上の実務経験がない場合には、こちらを受けることによって2年間の実習とみなします。
その費用が通信教育4か月と講義4日で70,000円必要になります。
ここまで終了することで、初めて登録の要件がそろいます。

 

登録当たっては、登録免許税30,000円と手数料30,000円、
各都道府県の社会保険労務士会の入会金と年会費が発生します。

 

開業か勤務によっても差が出てきますが、東京都の場合、
入会金が開業で50,000円、勤務で30,000円、年会費が開業96,000円、
勤務42,000円とかなりの金額が必要になります。

 

合格後の費用をトータルで考えると、開業の場合で300,000円前後、
勤務の場合でも200,000円とかなりの資金が必要になってくるのです。
社会保険労務士を目指す場合、
将来設計としてここまでの費用は考えて用意できる算段を組んでおかなければいけないのです。