社労士の費用

社会保険労務士の資格試験を合格までの費用の面から考える

要約:社会保険労務士の資格試験は非常難しく
お金の掛からない独学では合格できない可能性も高く、
時間と費用を無駄にしてしまう可能性がある。
通信講座や資格学校は資金がかかるが合格に近づくため、
費用対効果はいいといえる。

 

社会保険労務士の資格取得を考えていくうえで、費用を考えることはとても重要です。
資格取得後もかなりの金額が発生してくるため、事前の出費はできるだけ抑えたいところであるのです。
そこで、資格合格にまでかかる費用から見た勉強方法も大切な検討材料です。
もっともかからないのは、独学です。

 

テキストは2,000円前後程度ですし、直前問題集も1,500円ぐらいからあります。
講座に比べれば、圧倒的に低額で済んでしまいます。
ですが、合格にはあまりに近い道ではないということも事実です。

 

失敗すれば、時間もかけた金額も消えてしまうわけですから、
費用対効果ということを考えれば、あまりに高い選択になる可能性があるのです。
それに比べ、通信講座や資格学校はかなりの金額になります。

 

どんなに安くても、通信講座で50,000程度からになりますし
、資格学校などではコースによって違いがありますが、
高いものでは200,000万円を優に超える場合もあります。

 

その代り、独学とは違い専門の講師陣がついているうえ、講義だけではなく、
随時できる質問などにより生の声を聴くことができるために、
合格には非常に近づいていきます。

 

高い費用に思うかもしれませんが、
そのぶんだけ社会保険労務士の合格に近づくとするのであれば、
それほど高すぎるとは言えない金額でもあるのです。