社労士の費用

効率よく進めることが可能な社会保険労務士の資格学校にかかる費用

要約:独学では苦しい社会保険労務士の試験は、
資格学校に通って勉強する方法がある。ただし、
独学に比べかなり費用が掛かるため、
自分の実力に合わせオプションなどを完投していくと費用を抑えることができる。

 

社会保険労務士は、合格率が10%を超えないような高難易度の国家資格になります。
合格率だけではなく、試験内容から見ても、非常に難解であり、
簡単に取得することはできない資格試験といます。

 

そのため、独学ではとても対応しきれない面もあるのです。

 

そこで、費用は掛かりますが、資格学校などに通って取得する道が考えられます。

 

学校によってかなりの違いはあるのですが、安いところで130,000円ぐらいからであり、
高いところでは200,000円を超えるところも存在します。

 

費用が高額に設定されている、受講期間がとても長く設定されているのがほとんどです。

 

初学対応となっている場合も高額になりがちですが、
かなり丁寧に教えてもらえるカリキュラムが設定されていますので、
合格に近づきやすいことは確かなのです。

 

それに比べ、安価な設定の場合、最低限の試験対策などに限られますが、
すでに何度か試験を受けている場合や、
普段の業務の中で労務などを扱っており、
知識がある程度備わっている場合に向いているのです。

 

他にも、直前答練など必要に応じてオプションを選択できるようになっているところがほとんどです。
自分の実力を考え選択していくことで、費用的にも抑えながら通うこともできるようになっているのです。